富安秀行


by hogwash
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2/7 楽器の街へ鬼退治2

2/7 浜松編Part2 浜名湖うなみかん!千秋楽!

凄い盛り上がりのLIVEあと、お客様が食べたメニューと同じ料理で打ち上げ〓〓
天才シェフ佐藤とまた次回宜しくの握手で、ヒルマンを後にし、翌日の浜名湖畔にあるワッツの宿舎に移動。

まぶしい光に(頭じゃないぞ〓)遠くから聞こえる南風に乗ったパンの音に目覚め、窓の外を見ると、全面に広がる〓〓〓な湖面の桟橋の上で村治がスチールパンを奏でている。
そこはまるで楽園にいるようだ。

合併されて、いまでは浜松市になった三ケ日 潮の香りする浜名湖 鰻とみかんの国(僕らの仲間が作ったキャラクターうなみかんも住んでる。笑)

ワッツは僕がレコーディングをしたり、イベントしたり、毎月ゲストを迎えてLIVEしている場所である。

嫁いらずトリオの鬼退治ツアー千秋楽は、やはりお膝元ワッツで!

このツアーの出来事、感動を噛み締めながら、ツアーユニットがこの旅でバンドになったように絡み合うリズムとメロディ〓〓〓〓〓豊橋の助っ人中神のベースも加わって素晴らしいLIVEになりました。

このトリオはめちゃ面白い!南米ペルーのアフリカ系黒人が踊るために生まれたカホン、中米トリニダードトバゴのスチールパン、アメリカの貧しい黒人がドラムの代わりに洗濯板を掻き鳴らしたのがきっかけで生まれたウォッシュボード


ふだん一緒に演奏しないはずのこの楽器達が、それぞれのグルーヴを認めあい、尊重しながらの音もダチ!サウンドが、まるで絵画のように湖面に映しだされる。


僕らが、こうして本気で音をつくりだし、表現し、空間と交ざりあい、お客様とともに笑い、感動をともにする。

僕らをケースの中に押し込めて、外からまるでテレビを見るかのように、教育だの、文化だのと上から見下ろし、音楽を冒涜する鬼達の侵略に立ち向かう、いろんな土地でがんばっている勇敢な桃太郎達の家来となって平和で優しい楽園を取り戻すためのツアー〓〓〓

また吉備団子を求めて我ら嫁いらずトリオはどこかの街にあらわれることだろう!

これにておしまい、おしまい♪

お掃除ハゲの日本一!犬の岳さん

鉄鍋叩きのパイナップル頭の鶏の村治

おつかれさまでした。
洗濯ハゲの申はまたいつでもまっとるよー

さらば! じゃ~まっ、いっか! ジャンジャン〓〓
[PR]
by hogwash | 2009-02-07 21:44 | ■ 富安だよ~♪